脱毛ラボ 天神コア

脱毛レーザーの種類とは

 

脱毛ラボ,天神コア,店舗,天神コア店,予約,場所,行き方,口コミ,評判

 

1997年以降、何種類かの脱毛用レーザーが日本に入ってきています。その中には効果を詳しく検討された機種もあれば、商業的な側面が先行した機種もありました。それらを簡単にまとめてみます。

 

@サイノシュア社製アレキサンドライトレーザー
日本で最も主流のレーザーになります。日本で長く使われているので、学術的に多く検討されています。

 

Aコヒレント社製ダイオードレーザー
アレキサンドライトレーザーの約1年後に日本に入ってきました。このレーザーは先端に冷却装置(コンタクトクーリング)が付いているので、皮膚の火傷を抑える効果があり、男性のあごひげの脱毛にも効果的との見方も強いものです。

 

Bキャンデラ社製ジェントルレーズ
パルス幅が3msecのアレキサンドライトレーザーです。
パルス幅が表皮の熱緩和時間よりも短いので、日本への導入当初は皮膚の色が濃い日本人には火傷しやすいのではないかと心配されました。しかし、この欠点を補うためにガスの冷却装置がつけられています。パルス幅が短いが故に細い毛に効果的なのではないかとも言われました。照射範囲が広いので便利です。

 

CESC社製エピライト(Intensive Pulse Light)
短い波長を除き、全波長の光を照射する装置で、厳密に言えばレーザーではありません。火傷しない程度に出力を落とした状態で、一部の脱毛サロンでエステライトと言う名前で使われています。

 

Dヤグ(YAG)レーザー
開発者のゴールドバーグ博士は一時的な脱毛しかできないもの考えています。カーボンローションを塗って美顔治療に用いたり、色素疾患にも使われています。

 

医師は自由にどの機種を使うか選択できますが、脱毛効果や費用については患者さんにとって最適なものでなければなりません。患者さんが支払う脱毛料金について、適切な金額を設定する必要がありますよね。

 

ちなみに医療レーザー脱毛は医療行為なので、医療機関でのみ扱うことが医師法で許可されています。なので、脱毛ラボのような民間の脱毛サロンでは医療レーザーを用いることはできないのです。その代わり、脱毛ラボのような脱毛サロンでは出力の弱い光脱毛(フラッシュ脱毛)が主流となっています。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)と医療レーザー脱毛は脱毛原理はほぼ同じですが、その出力に違いがあります。医療レーザー脱毛の方が出力が強く、永久脱毛が可能です。永久脱毛自体も医療機関でしか行えないことになっています。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ