脱毛ラボ 天神コア

永久脱毛料金の背景

 

脱毛ラボ,天神コア,店舗,天神コア店,予約,場所,行き方,口コミ,評判

 

レーザー脱毛を始める医師は2種類に分かれます。

 

一つ目は永久脱毛を専門に行っていた脱毛の専門医です。

 

二つ目はアザのレーザー治療を行っていたレーザーの専門医や美容外科医です。

 

この二つの医師達はレーザー脱毛が登場したことにより、同じ土俵の上に経つことになりました。レーザー脱毛の考え方には、レーザー専門医や美容外科医は楽観的で、永久脱毛医は少し懐疑的でした。それは永久脱毛をよく知っているか否かの違いから生まれるものでした。

 

そして、それは脱毛にかかる費用にも大きな影響を与えていました。レーザー専門医や美容外科医は毛が周期的に生えてくることを知らなかったので、アザの治療と同様に考えて料金を設定しました。例えば、たった3回の施術で100万円といった感じでした。当然ですが、たった3回の施術で毛が全てなくなることはありません。しかし、世の中ではこのような広告が一人歩きし、それを真似した料金設定が次々となされていきました。

 

1998年になると、逆に低費用を謳う脱毛クリニックが新しく増えていきました。その背景にはレーザーメーカーが新規参入したことにより、脱毛器の価格が低下したからです。ここで問題となったのは、費用が安く済むようになったからと言って、脱毛器の性能が上がったわけでもなければ、脱毛専門の医者が増えたわけでもないということでした。

 

しかし、翌年以降はさらにこの傾向が激しくなっていきました。その中には特定の部位が数万円で、5年間の無料通院保証が付いているなどという広告も少なくありませんでした。これなんかは逆に5年間は毛がなくならないという見方もできます。こういった表現が流行ったのは脱毛患者をゲットする競争に勝つためですが、無責任にも感じられます。

 

レーザー脱毛は下記の3つが合わさって初めて最高の効果を発揮します。

 

・患者の毛質
・医者の実力
・脱毛器の性能

 

なので、当時の脱毛業界の現状は発展途上でした。それから、エステサロンまでもお金目的にレーザー脱毛を詐称し、派手な広告を出すようになっていきました。妥当な費用の基準を設けるのは容易ではありませんが、値段だけを見て安いから行うというのは危険です。しかし、永久脱毛は健康保険の対象外なので、その費用は患者の全額負担となります。

 

そういった背景もあり、今日では安くて確実な脱毛法が確立されつつあります。現在は脱毛器の性能も上がり、脱毛ラボのような脱毛サロンでも価格を安くして顧客を獲得する施策を常に展開しています。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ